book and bread mania

-中途半端なサウスポーによる日々読んだ本の記録 + 雑記 + パンについて-

ふとした日常の中で気づいた小さくて大きなこと

備忘録メモ的にも残そうと思う。 食パン二枚を食べる際にふと重さを量ってみた。 キッチンスケールにパンの一枚の乗せると47g。 もう一枚を載せると表示は91g。 ということは、当然あとに乗せたほうの食パンの重さは44gである。 当たり前すぎるのだが、そ…

2020年の冬アニメとして最高だった『ID: INVADED イド:インヴェイデッド』と、ふしぎな魅力を醸した『ネコぱら』の話

2020年冬アニメもこの時期となるとほぼ最終回を迎えた。 そのうちではそれなりの数を観ていたのだけど、ずば抜けて面白く、そして完成度が高かった作品が『ID: INVADED イド:インヴェイデッド』。 これはもうおそらく今年一の作品と言って過言ではなく、こ…

ちょっと不思議な夢

不思議な夢を見るとわりかし気にする性分で、夢占いで見た夢について調べたりするんだけど、今回の夢に関してはネットで調べても夢占いに載っていなかった。 というそんな夢。どんな夢だったかというと、 『夢の中で夢を見る』というのはわりとあることと思…

読書における『三重性』

昨今気付いたこととして、読書における三重性が挙げられる。 読み方としてたとえば小説の場合、綴られる視線に従い実直、素直に読むのが普通の読み方。 それに加え、メタ的な読み方。つまり作者の目線や構成に目を向けながら読む行為、これが読書における「…

「仕事をサボる」ことでクビになることの合理性について

少し前に知り合いから聞いた話が印象的かつ思うところがあったのでここに綴ろうかと思い立ち、その話というのはあるお店をやっているオーナーさんの話。 曰く、以前に雇っていたバイトの子を解雇したというのだけど、その理由としては実に単純。解雇の理由は…

アニメ『慎重勇者』が素晴らしく、語るに値する作品だった件。

今年に関していえば、新年早々から啓発される作品が多くて自分でもびっくり! 面白っ!と思える本もさることながら、アニメにおいてもこれはなかなか乙な作品だなと思えるものもあって、それがこの記事タイトルの作品。 この作品は2019年の秋アニメであり、…

おみくじの別の楽しみ方

新年になり無事に初詣にも行って来ました。 そこで今年もおみくじを。おみくじと言えば、当然気になるのはその内容。 良いことやら悪いこと。 今年がどんな一年になるのかと、警鐘箴言めいたものから各々つづられていては「へー」と感心しきりなもの。そんな…

12月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介

師走だけあって雑多なことに時間をとられる日々!! そんな12月に読んだ本は14冊。 今月はあまり読めなかった印象… とりあえず、そんな中からおすすめの10冊を紹介! これもまた後日に感想を更新するかも。 第10位 『死刑囚 最後の晩餐』 死刑囚 最後の晩餐 …

11月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介

11月に読んだ本は19冊。 色々とバタバタしていてあまり読書できなかった印象…これも簡潔にまとめてとりあえず公開を。 なので後日、より詳しい感想をと更新する可能性あり。 第10位 『錯視完全図解―脳はなぜだまされるのか? (Newton別冊)』 錯視完全図解―脳…

10月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

10月に読んだ本は27冊。 その中からおすすめの10冊を簡潔に紹介。 年越し前に清算しようと簡潔にまとめ、後に更新するかも。 第10位 『日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)』 日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アン…

マックでグラコロを食べる。

実に久々。 マックに行く機会があり、期間限定名物のグラコロと言えば「この旨さは戦争をなくす」なんて言葉さえネットで見かけていたので気になり、気づけば注文を。 そうして、なんとなくで食べてみた。 オーロラソースは端に添えられ、憂鬱にバンズの崖か…

豆腐グラノーラがおいしい

完全に出オチであってタイトルで全てを語っているのだけど解説を加えれば。 昨今のちょっとしたマイブームが『豆腐グラノーラ』。 それは何かといえば実にシンプルで、フルーツグラノーラをヨーグルトではなく豆腐で食べるといった趣のもの。要はヨーグルト…

8月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

昨今、忙しくて停滞気味の更新…。 そんなこんなで今更になって8月の情報を。 8月に読み終えた本は31冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『閉じ箱』 閉じ箱 (角川文庫) 作者: 竹本健治 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/03/24 メディア: 文…

9月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

気づけば既に師走。 年越し前にはやり残した事を減らそうと簡潔にまとめ。 9月に読み終えた本は31冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『月と太陽』 月と太陽 (講談社文庫) 作者: 瀬名秀明 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/10/15 メディア: …

「どうして勉強するの?」という問いに対しての一つの答え

9月となって学生は新学期スタートの時期であると思うで、 過去の自分も含め学生がよく口にするであろう疑問、 「どうして勉強するのか?」 としたものに対するひとつの答えを今になって示すことができるようになったので、それを淡々と綴ってみる。 その理由…

7月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

7月に読み終えた本は31冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『子供たちは森に消えた』 子供たちは森に消えた (ハヤカワ文庫NF) 作者: ロバート・カレン,広瀬順弘 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2009/01/06 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック…

映画『ミスター・ノーバディ』がなかなか面白かった件について

ふと観た『ミスター・ノーバディ』という映画がなかなか味わい深かったので、その感想や気になったことに対する備忘録記事。 今回の記事にはたっぷりとネタばれが含まれているため、 これから視聴するぜ!といった方にはこれより先を読むことは非推奨としま…

微笑ましい絵に濃厚な世界観

世界の終わりの魔法使い (九龍COMICS) 作者: 西島大介 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2005/02/19 メディア: 単行本 購入: 9人 クリック: 81回 この商品を含むブログ (192件) を見る 何気なく読んでみたらとても面白く、琴線を刺激された作品なので…

6月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

6月に読み終えた本は30冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『カントはこう考えた―人はなぜ「なぜ」と問うのか』 カントはこう考えた―人はなぜ「なぜ」と問うのか (ちくま学芸文庫) 作者: 石川文康 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/05/11 …

5月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

5月に読み終えた本は31冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『饗宴』 饗宴 (新潮文庫) 作者: プラトーン,森進一 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1968/09/03 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (20件) を見る プラト…

4月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

4月に読み終えた本は32冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『癒しのユーモア―いのちの輝きを支えるケア』 癒しのユーモア―いのちの輝きを支えるケア 作者: 柏木哲夫 出版社/メーカー: 三輪書店 発売日: 2001/07/01 メディア: 単行本 クリック: 3…

パンチラをしてきた。

タイトルでいきなりこんなことを書けば「犯罪のにおい!?」と思っても健全なので、そこは大丈夫。 事の次第は買い物に行ったのを端に発する。 そのときにはエコバッグ持参。 食材などを主にけっこう買い物したので思いのほかバッグは一杯に。 ものを詰め込…

3月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

3月に読み終えた本は32冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『戦争と映画―知覚の兵站術』 戦争と映画―知覚の兵站術 (平凡社ライブラリー) 作者: ポールヴィリリオ,Paul Virilio,石井直志,千葉文夫 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 1999/07/01 メ…

模範的道徳性を伝える本のずるさ

つい先日、ほんとうに今更ながらも 自分の小さな「箱」から脱出する方法 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2006/10/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 156人 クリック: 3,495回 この商品…

2月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

2月に読み終えた本は32冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『個性のわかる脳科学』 個性のわかる脳科学 (岩波科学ライブラリー 171) 作者: 金井良太 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2010/06/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 …

「無償の愛」は存在しない

タイトルからしていったい何の話かと思われるだろうから、 簡潔にいってしまえばあるアニメに関してのこと。 尤も、それはアニメ自体の批判ではないのでご安心を。 というのも、これはなかなか気になって心に深く残っていた蟠りのような思念があり、沈殿して…

2019年 1月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

1月に読み終えた本は34冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『コンビニ人間』 コンビニ人間 (文春文庫) 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/09/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る 話題作を遅ればせなが…

12月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

12月に読み終えた本は33冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『レインわが半生―精神医学への道』 レインわが半生―精神医学への道 (岩波現代文庫―学術) 作者: R.D.レイン,中村保男 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2002/02/15 メディア: 文庫 購…

11月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

11月に読み終えた本は32冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『笑いの研究―ユーモア・センスを磨くために』 笑いの研究―ユーモア・センスを磨くために 作者: 井上宏,昇幹夫,織田正吉 出版社/メーカー: フォーユー 発売日: 1997/03 メディア: 単行…

10月に読んだ本からおすすめ10冊を紹介。

10月に読み終えた本は36冊。 その中からおすすめの10冊を紹介! 第10位 『タイムスケープ〈上〉』 『タイムスケープ〈下〉』 タイムスケープ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF) 作者: グレゴリイ・ベンフォード,山高昭 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1988/06 メデ…