読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN

本(小説)

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN

思えばジョジョとの出会いは3部格ゲー。

これがゲーセンにあり、ジョジョとは何か知らなかったが、当時は格ゲー好きで、ゲーセンでは常に格ゲーをプレイ。そんな折、このゲームが格ゲー新作として置いてあり、プレイしてみたのが始まりだった。

 

そんなわけでゲームからジョジョにハマり、漫画を全て揃えるまでに。

ただ、昨今のジョジョブームは勢いが急すぎて、ちょっとどうかな…と思う点はあるが。

 

とにかく、ジョジョ好きとしては、番外編であろうと小説であろうと見逃せない作品(なんたってディオの日記!)というわけで購入し、この都度やっと読んだ。

 

 

感想としては、悪くない。

アマゾンでは酷評されているが、そこまで悪くないように思えた。

 

ここまで人間味あるディオを垣間見れたことはないからだ。

日記のディオは内面を惜しげもなく露呈し、自らの感情を書き綴っている。

敗北感、恐怖、それらディオには無関係に思える感情を、これでもかと、吐き出していた。実に人間くさい。人間ではないのに、実に人間くさいのだ。

それが好感を持てる要因。ディオも人間だったのだ(元だが)と、改めて思い知らせてくれた。

そして、未来へのつながり、5部や6部への布石があり(取って付けた感もあるが)、思わず惹きつけられた。

そして文量自体、決して多くはないので一気に読破。爽快感とは言わぬが、一部のもやっとした蟠りが解けたような 、そんな遊離感を味わえた。

これを読むことで、やっと自分の中での第3部がしっかり完結した心地。悠々としながらも高揚感があり、日記内のディオは確かに記憶、そして思考に躍動していた。

 

彼の頭の中を覗けるようなこの作品は、ジョジョファンとして少なからず価値があると思う!