読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

パンの基本

 

 

有名なパンの名書『BREAD―パンを愛する人の製パン技術理論と本格レシピ』

のごく簡易版かつ初心者向けの本と言える一冊。

 

だから内容はパンに関するごく基本な事が記述してあるが、

「パンが好きでより詳しく知りたい!」または「パンに興味がある!」

と言う人にはうってつけの入門書だと思う。

 

内容には

・パンの歴史

・各国におけるパンの種類

・パンの基本材料について(粉、塩、水)

・パンのレシピ

など基本はしっかり押さえてあり、パンを最初に学ぶ上では分かり易くて良い。

 

さらに値段も手ごろ(『BREAD』は4千円以上!)なこともあり、

敷居はかなり低く、またがなくて歩いても飛び越えれそうなほど。

基本となるパンのレシピも充実し、サンドウィッチなどのパンレシピもそこそこ充実。

 

 また所々にパン小話があり、

例えばこれ。

フランスのブーランジェリーの売れ筋はやはりバゲット。一日に千本以上売れる店も多い。客の好みもさまざまで、特にこだわるのが焼き加減。

(中略)

ある日、一本窯から出し忘れ、誤って二度焼いてしまった店があった。

すっかり焦げてしまったにも関わらず、店の隅に並べることに驚いた。

しかしさらに驚いたことは、本当に初老のムッシューが買っていたこと!

どうやって食べるのかを尋ねると、”カフェオレにたっぷり浸すんだよ。これぐらい焼けてる方がおいしんだ!”とウインク。

この食べ方、実はフランス人が大好きなのだ。

なんと素敵なジジイだろう!カッコ良すぎる!

 

 こういった臨場感ある小話を知れるのも、パン好きには嬉しい。

 

 

ただベーグルやライ麦パンなど、本来はリーンなはずのパンレシピにおいて、バターを使用しているのはどうなのかな?とも思ってしまった。

やはり日本ではまだ一般的には、ふわっと柔らかいパンの方が好まれるという事なのかな。

 

あとパンに使用する水についての解説があるのも良い点。

そして日本の水はフランス等と違って基本は軟水。

 

軟水であると生地は密になり難く、なのでふっくら仕上がり、それはつまり菓子パンや惣菜パンを好む日本人向けのパンになる。

なので日本独自といえる菓子パン、惣菜パンが昨今のように日本で主流になった要因と一つ、それが日本の水によるものと思うと興味深い。

材料のみならず、環境によっても大きく左右される食物、それがパン。

やはりパンは奥が深いな、と思わずにはいられない。

 

 

パン好き、もしくはこれからパンを好きになろうとしている方には、買って損はない一冊だと思う。

 

そんな本。