読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

猫。

雑記

2月22日は猫の日らしい。

猫といって思い出すのは、実家の猫。

 

実家では2匹の猫を飼っている。

親子の2匹で、母子家庭。

しかし「ほんとに親子か?」というぐらい仲が悪かったりする。

母猫の方がいつも気が荒く、息子猫の寝ている場所をとったり、ケンカか遊びか分からないけれど、息子猫によく猫パンチを繰り出したりしている。

一方、息子猫は正反対にとても温厚な性格。

だから母猫にやり返す事はほとんどなく、母猫に気を使って生活をしている感じ。

 

その後、息子猫は2歳に。

それでもおとなしく、性格も、母猫に対する態度も変わらなかった。

うちの家族に対してもおとなしく、お腹が減っていても、言わない事もあった。

 

そんな折、少しほっこりした光景。

ある日、母猫が「ご飯がない!ご飯がない!」と空になったご飯皿の前でニャーニャー騒ぐ。

よくある事で、それでいつも通りご飯をあげる。

 すると不思議にもサッと、そのご飯が盛られた皿の前から退いた。

いつもなら一目散にがっついているところだ。

おかしいな?と見るとその母猫のちょっと後ろには息子猫の姿。

母猫はそんな息子猫の姿も見ず、歩いていってしまった。そして息子猫がそのご飯をがっついて食べる。

 

いつもは息子猫に対して気を使わず、かわいがるしぐさを見せない。

そんなくせに、実は息子猫が寝ているときに、そっとその頭を舌で撫でるように舐めてやってるのを知ってる。

息子猫が体調を崩し、病院に行ったときには、落ち着かず家中をウロウロと歩き回っていたのを知ってる。

 

全く、とんだツンデレ母ちゃん猫だ。

 

 

クロワッサン特別編集 やっぱり、猫は不思議。 (マガジンハウスムック)

クロワッサン特別編集 やっぱり、猫は不思議。 (マガジンハウスムック)