読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

ヴィド・フランスの『タマゴドーナツ』は凄い。

パン

チェーン系列であるパン屋ヴィド・フランス

知る人ぞ知る、そこの人気商品。

 

f:id:murabito07:20120101000141j:plain

それこそがこの『タマゴドーナツ』だ!

知人に「このドーナツはヤバイよ!」と勧められたので手に入れ、食べてみることに。

 

 

f:id:murabito07:20120101000155j:plain

見た目は至って普通のオールドドーナツ。

しかし、このドーナツは表面が硬く「この歯応えが癖になるんだよ」とのこと。

ふむ。

食べてみると、確かに生地の表面は硬めでありしっかりと歯ごたえがある。

味としては、懐かしい風味。優しい味とでも言おうか。

昔ながらの、朗らかな味わいとも言える。昭和商店街のコロッケ屋がついでに作って揚げて出している感じ。

だから美味いとも言える。まさにオールドな味わいだ。イメージ的に昭和だけどね。

 

硬い・美味い。それだけなら普通。

けれどこのドーナツの凄いところは意外にも味以外のところにあったりする。

ます値段。これ1個なんと77円!(税込み)

セール中のミスド以上どころか、コンビニドーナツ以上に安い!

次にカロリー。これ1個わずか239カロリー!

ドーナツとしては異端な低さ!揚げパン業界から追放されかねないほどの低さだ。

1個77円の239カロリー。

つまりはコスパ最高って事だ。

ヘルシーを売りにするベーグルを脅かすのは、意外にもこうした低カロリードーナツかもしれない。

味よし値段よしカロリーよし。他に何を求めるだろうか?

B級グルメここに極まれり!

ミスドとコンビニで勃発していたドーナツ戦争。

終止符を打つのは意外や意外、この大三勢力かもしれない‥。

 

 

追記

カロリーが低いのを「コスパ良し!」と書いたけど、

冷静に考えればおかしい事でもある。

しかし昨今におけるローソンのパンなんかは、低カロリーのパンを売りにしていて、そのくせ値段は高騰。

昔の栄養不足時代の人からすれば「正気か!?」と思わずにはいられないだろう。

そういう意味では、昔はドーナツ等の揚げパンはカロリーたっぷりということもメリットだったのだろう。今では単に肥満増加因子として拒まれがちなのは残念。

コスパ良い=カロリーたっぷり。”

から

コスパ良い=ヘルシー(病院通いせず済みますよ)。”

という時代に変わったということか。 

 

まあドーナツだけに、最後の中身の無い話はご愛嬌ということで。