book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

吃音

フジ月9ドラマの『ラブソング』が意外と面白い。

ヒロインが吃音という設定は珍しいと思う。

 

 

吃音、というもので思い浮かべる作品があり、それが 

余命90分の男 [DVD]

余命90分の男 [DVD]

 

これ。

あまり有名な作品ではないけれど、ロビン・ウィリアムズ最後の主演作。

内容的には平凡で、名作と言うほどの内容ではなかったものの、この映画にも吃音の人物が登場。尤も、その人物は決して重要な役ではなく、数多く出てくるモブの一人。

電器店の黒人店長で、老人でもうろく気味。

喋り方が吃音で、ロビン・ウィリアムズ演じる男は、デジカメを早く購入したいのにも関わらず、会話がなかなか進まず苛立っていた。

 

そこでロビン・ウィリアムズが苛々して汚い言葉で捲くし立てると、老人が何か喋り始める。

「ふぁ、ふぁ、ふぁ、ふぁ、ふぁ、ふぁ、ふぁ、ふぁ‥」

何を言おうとするのか、ロビン・ウィリアムズ演じる男は聞き耳を立て言葉の続きをじっと待つ。

 

 

 

 

「ファック・ユー」

苛立だち気味に、荒っぽく店を出るロビン・ウィリアムズ演じる男。

 

 

思わず笑ってしまい、印象深く忘れられないシーン。

そこまでしてその言葉を言いたいのかと。