読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

トップバリュのこだわりホールセールパン

パン

ホールセールによる、

”北海道の素材にこだわった”クリームパン。

”北海道の素材にこだわった”あんぱん。

 

イオンでそんなパンを発見。

f:id:murabito07:20130107190845j:plain

そのこだわりは、どの程度のものかと気になり購入。

 

f:id:murabito07:20130107190928j:plain

クリームパン、あんぱんの二種。

 

先ずはクリームパンから。

 

f:id:murabito07:20130107192055j:plain

その見た目。

クリームパンは定番のグローブ形でなく、

丸くて平たく、バンズのような見た目。

 定価105円。

計ると1個の重さは78g(袋表記は76g)。

 

f:id:murabito07:20130107192151j:plain

内観。

平たい生地に隅々までカスタードクリーム!

 

このパン、”北海道の素材にこだわった”点として、

・北海道産強力小麦「ゆめちから」を使用

・パン生地の原料に使用している砂糖はすべて北海道産てんさい糖

・北海道の牧場で絞った生乳使用の生クリームをパン生地に配合

・北海道十勝産牛乳を使用したカスタードクリームを使用

があるらしい。

 

手に持った生地の感触ソフト。

しかしフィリングの充実によって、生地の表面は弾力ある感触具合。

 

実際に食べてみると、生地はふんわり柔らかい。

フィリングは隅々まで入っているので、すぐにカスタードクリームを味わえ、

 

その味、意外と濃厚!

 

甘み控えめ、バニラビーンズの風味強めの味で、しっかりしたカスタードクリーム!

安物にある、甘さ強くてねっとり後味残るカスタードクリームとは違い、後味残らず清涼感すら感じそうなほど、歯切れの良さならぬ後味切れの良さ!

濃厚ながらも多少さっぱり感じるそのカスタードは、生地の柔らかさと相まって問題なく美味しい! 

 こうしたスッキリした味わいが、原料に北海道産使用の特徴であるとすれば、意外とその特徴は出ているように感じ、安価なパン、それもホールセールのクリームパンながらも予想以上には美味しい。

粘度の高過ぎないカスタードはその食感、見た目どおりに味はしつこくなく、良い意味で期待を裏切られた完成度。

 

 

次に食べたのは、つぶあんぱん。

  

f:id:murabito07:20130107194131j:plain

これも定価は105円。

計ると1個の重さは85g(袋表記は87g)。

 あんぱんの方がクリームパンに比べこんもり高さがあり、

しかし直径のほうは若干小さい。

 

 

f:id:murabito07:20130107194209j:plain

内観。

生地の層は案外厚く見られ、およそ餡子の面と同等。

確認できる気泡具合は密。

 

このあんぱんのこだわり点としては、

・北海道産強力小麦「ゆめちから」を使用

・北海道常呂町産小豆100%

・こだわりの特殊製法でじっく炊き上げた粒感のあるつぶあん

・あんに使用している砂糖は北海道産てんさい糖

・北海道の牧場で絞った生乳使用の生クリームを配合 

 があるとのこと。

 

持った生地の弾力先ほどと同等に感じながら、口に含む。

すると、

 

 あんの甘味が案外強い!

 

インパクト少々感じる甘さで、生地の甘さを感じさせないほど主張の強い甘さ。

甘さ控えめ和のあんぱん、といった雰囲気の逆バージョンであり、

なかなか個性的を表に出すつぶあんで、味のインパクトは多少ある。

 

そして食感。

確かに、小豆はその形を残したものが多く、口の中でとろけず溶けず、小豆の食感、風味をしっかり味わえる。

しかしこの辺りは好みの問題で、つぶあん好きな人には好まれるであろう豆の存在感。

 あんの甘さは最初、しつこく思うがそれほど舌に残らず、無難な後味。

生地の食感やわらかく菓子パン程度にくずれる生地に、あんは少々甘みが強め。

つぶの感じがいい具合に残る、そんなあんぱん。

色物のような特筆するような味でもなく、まあ至って普通のあんぱん、

といった印象。

悪くないが絶賛するほどもなく、ホールセールあんぱん!と題して野暮でない。

無難に美味しかった。

 

今回、トップバリュ製の”こだわった”菓子パンを食べてみた感想としては、

クリームパンのほうはまあまあいける、あんぱんは普通。

どちらも北海道産小麦使用に、北海道産生乳使用の生クリームをパン生地に配合とのことだが、それほど従来のホールセール菓子パンと差異は感じず。

けれど、クリームパンは意外と美味しく、つぶあんぱんの豆具合もなかなか。

両方とも普遍的に美味しく、故に一番のこだわり、実はその価格?と思う所存。

105円という価格を考慮すれば、どちらも十分なパンだと思う!