book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

マコロンとは?

スーパーで偶然見かけたお菓子。

 

f:id:murabito07:20130101000039j:plain

マコロン?

知らぬ存ぜぬの存在に興味津々。

購入。

食べてみた。

 

 

f:id:murabito07:20130101000543j:plain

見た目。1個は肉厚な梅干ほどの大きさ。

そしてこの”マコロン”とは?

調べると、日本で独自進化した”マカロン”の亜種らしく、

カロンをモチーフに*1したため駄洒落な名前。

持つと硬く、食べるとザクッとも、カリッともした食感。

固めのクッキー?のような食感に、落花生の味と風味。

味が濃い目ながらも美味しい、お茶請けに出されそうなお菓子。

 

けれど、マカロンとは似ても似つかぬ見た目と味と食感。

つまり全部全然違うんだけれど、どうしてマカロンをもじったのか気になるところ。

「買ってきました」

「おう…てこれ、マカロンと全然違うじゃねえか!?」

「えっ?マコロン、って言いませんでした?」

そんなやり取り用にさえ感じるお菓子ながらも、昔懐かしい甘味強めの豆菓子といった印象、普通に美味しかった。

 

*1:カロンと違ってアーモンドでなく、落花生を使用とのこと