読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

「メシを残したって別にいいだろ」は正論か

食糧廃棄率高い日本において、話題になっていたこれ。

これを読み思った事。

anond.hatelabo.jp

 

昔からある、「メシを残したら悪い」みたいな風潮に納得がいっていない。

家族や恋人から出される「無償のメシ」はわかるにしても、「外食」ではいくらメシを残そうがとやかく言われる筋合いは無くないか?

 

 

この意見主張者が仮に、この反論意見として、

「そんなことを言うやつは屑だ!」

「倫理観がない!」

「常識がない!」

「頭おかしい!」

と言われ、少しでも情動を揺さぶられるなら、『メシを残すな』と訴える人の心情が多

少なりとも理解できたのだと思う。

 

 

 

個人的には『メシを残すな』意見派で、その理由は「生産者にも食材に申し訳ないから」。

手間隙かけて育てた、もしくは採って来た食材、それを殺めて食べている訳だから、そこに意識を向けないのは、やはりおかしいと思う。

 

そこで上記の意見。

この書き手は、自分の意見を主張する書き込みをした訳だが、それを全否定されれば、少なくとも、いい気分ではないはず。

なぜなら、それは自分が生み出した意見を否定されることで、それはすなわち自分自身の一部を否定された事になるからだ。

 

生産者もそれと同じで、生産者からすれば自分が畜産した物を邪険にされる行為、それすなわち生産者の一部を否定した事になり、故に食べ物を無為に粗末にする行為は生産者と同時に、その食べ物自体に対しても侮辱する行為。

 

誰しもがもし「メシを残したって別にいいだろ」と思うことがあったとして、この意見を口に出して反論を受ける。そこでムッとするようなことがあるようなら、その時点で実は反対派の意見における心情を察している事になる。

 

 

 

●「食べれる量を注文しろ!」

嫌だよ。さっきも書いたけど、俺が金を払っている以上、俺がどんな食べ方をしようが自由だろ。

 

 「メシを残したって別にいいだろ」とする理由として挙げていたこと。

確かに「食べ物は絶対食べきれ!いっさい粗末にするな!」という意見にはさすがに無理があると思うけれど、無理と分かっていて無駄に注文することもないと思う。

 

食べきれない量を分かって注文するのは、当日返却でAV10本借りるようなものだ。

傍から見れば凄いとも滑稽とも見えるが、結果は虚しいだけに過ぎない。