book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

ラ・ベットラ あんカフェラッテ

あんぱんの良さにハマりつつまる昨今、

第一パン、10月の新作パンには変り種のあんぱんが!

 

それがこれ

 

 

f:id:murabito07:20130121022920j:plain

ラ・ベットラ あんカフェラッテ

 

 

f:id:murabito07:20130121023617j:plain

計ってみると、1個の重さは99g。惜しい、とつい思う。

形は普遍的。生地はコーヒー味らしく、少々黒ずんでいる。

 

f:id:murabito07:20130121023758j:plain

中身。

通常あんこの上に、コーヒーホイップ。

 

食べてみると、生地はパサッとしていて、そして確かにコーヒー味。

生地自体のコーヒー味は意外と濃厚で、一口でしっかりコーヒー味と分かるほど。

しかし苦味は少なく、コーヒープリンのような風味。

あんこは普通ながらもコーヒーホイップがあんことちょうどの量で入っており、あんこ単体で味わうことなく、コーヒーホイップとの相互作用的風味を味わえる。

コーヒー風味の生地にコーヒーホイップ、これでは何だかトートロジーのようだが、その組み合わせは意外と悪くなく、ホイップと言うだけあり乳製品の風味があって、まるでコーヒーへクリープを入れたかのような味。

それにプラスのあんこで、よくあるコーヒーに生クリームが乗ってる一杯、その中にあんこが入った味。名古屋っぽさを感じさせる響きだけれどそこは安心、あくまでコーヒーがメインでなく、これは小麦粉主体のパン。

よって、コーヒークリームあんこなるゲテモノの一品にはならず、上手く味がまとまっている。

しかしこのあんぱん、飲み物にコーヒーはさすがに似合わなそう。

それでもこのあんぱんは普遍的なあんぱん同様、牛乳との相性はとても良さそうだ。

寧ろ、普通のあんぱんよりも牛乳が合いそうなあんぱんで、牛乳含めば口の中でコーヒー牛乳風味となって美味しいと思われる。

変り種のあんぱんながら、まあまあ美味しい。特別美味い!とまではいかないものの、あんぱん好きに取って気分転換に良いと言える一品だった。

あとコーヒー好きの人には試す価値のあるあんぱん!

ただし、コーヒーホイップは缶コーヒー的甘さがあるので、ビター好きには微妙かも。