読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

『メゾンカイザー』のバゲットモンジュ!

”おいしい麺麭と珈琲”では,メゾンカイザーも出店。

そこで、評判のバゲットを購入。

ここのバゲットは、ヴィロンやロブションのバゲットとはどう違うのか?

気になり買ってみた。

 

f:id:murabito07:20130122180225j:plain

1本302円で、重量は222gのぞろ目!

 

 

 

 

f:id:murabito07:20130122180920j:plain

内層。

中程度の気泡が豊富で、良い発酵具合!!

 

 

期待し、食べてみると、

生地はクラスト、クラムともしっかり硬質で、噛み応えある。

噛み締めればクラムはモチッとしてくる。

生地自体、多少平べったく縦の窯延びはそれほど感じさせず。

噛み締めても余り酸味がないのが印象的で、その辺りはロブションのバゲットと大分風味が違う。

 

ごくシンプルな風味が広がるバゲットで、意外と味に特徴ないのが印象的。

いや、”味に特徴ないのが特徴的”といえるかもしれない。

それほどに味は稀薄気味。

 

食感は硬く歯応え良いけれど、肝心の風味は微妙。

噛み締めてもそこまで濃厚に小麦の風味がぶわぁーっと口いっぱいに広がるわけでもなく、ヴィロンのバゲット等と比べると、その風味は大分劣って感じた。

歯応え良く素朴な味ゆえ、料理に添えて食べるのでは申し分ないけれど、単体で食べるとなると少々物足りない一品。

 

軽くトーストして食べてみると、

クラストはサクッと歯切れ良く、比例するようにクラムのモチモ具合も際立つが、すると生地の濃厚でない風味も目立って感じた。 

 

ヴィロン、ロブションのバゲットは圧倒的な個性を持ち、一口食べて噛み締めればその個性がぶわあーッと口いっぱいに暴れ始めて、「なんだこれは!?」と感嘆させられたものだが、このバゲットにはそのような驚きも衝撃もなく、多少なりとも残念。

 

メゾンカイザーのバゲットは悪くないけれど至って普通のバゲット。

はっきり言って普通過ぎた。拍子抜け。

 

追記。

シェアした人にクロワッサンとキュルキュマを少し分けてもらい、食べてみた。

クロワッサンはバター風味が濃厚で、感動・特筆するほどでないものの、普通に美味しい!平均以上の美味しさはあるしっかりした作りの、丁寧なクロワッサン!

キュルキュマは生地にへーゼルナッツ、くるみ、ターメリックを練りこんだパンで、これは美味しかった!ハードな生地にくるみとへーゼルナッツの相性は当然良く、ターメリックによってもたらされる風味は濃くないものの、微かな風味がいいアクセント!

キュルキュマなるパンは思いのほか美味しかった!