book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

神戸屋の『円熟五穀』

神戸屋の『円熟五穀』。

f:id:murabito07:20120118024214j:plain

この円熟シリーズは ”ヘルシーでおいしい食パン” をコンセプトにした物らしく、今回はその”五穀”フレーバーを食べてみることに。

 

 

f:id:murabito07:20120118024251j:plain

五穀の粒が固形で確認できる見た目。

計ると1枚の重量は58g。

生地は持った感触柔らかく、油脂入りを思わせる。

しかし気泡は案外、大小まばらにある。


生地の味を直に味わおうとトーストせず、そのままで食べてみた。


食べてみると、五穀の風味が想像以上に強く、口いっぱいに広がった!

しかし五穀と生地の味としては甘めで、小麦の味は希薄。砂糖の甘さと、それに従順する五穀の味ばかりが目立った印象。

それでも五穀は風味のみならずカリカリとした食感も少々味わえ、美味しさと共にヘルシーさも感じられた。

 

全体的には予想外に五穀の味わいが芳醇かつ甘く、思っていたよりは五穀風味があって美味しい。
だが尖った甘さも同様に予想外。

 

生地自体の食感は他の袋食パンと同様に柔らかい。

少し柔らか過ぎであり、歯応えなく物足りなく感じたほど。

柔らかな食パン好きには良いかも知れないが、多少歯応えのある食パンが好きな人には違和感があるかも。
健康志向狙いなら、油脂や砂糖をもう少し抑え、より歯応えある生地にしても良かったのでは?と思う。

 

それでも ホールセールの袋パンにおいてここまで五穀の風味を主張させるパンは珍しいので、五穀好きもしくは健康志向のパンを求める人にはおすすめ。