book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

資本主義、共産主義について

 

マルクスる?-世界一簡単なマルクス経済学の本

マルクスる?-世界一簡単なマルクス経済学の本

 

 マルクス経済学についてを簡易的に、そして丁寧に綴った内容の本。

かなり要約し、噛み砕いていながらも解説は実に丁寧であって、経済の本ながら絵本のように読み進められる一冊。

故に資本主義における問題点についても分かり易く学べ、マルクス経済学についての概要を理解できるのでおすすめ。

 

それと平行してお勧めなのがこのまとめサイトのスレ。

彡(゚)(゚)「共産主義…?」 : 大艦巨砲主義!

こちらは物語調に共産主義を解説。

ユーモアや例えを用いて話は進むので、読み物としても楽しめ、共産主義についても同時に学べる。

思いのほか面白く、そしてためになるスレだったので、こちらも一読して損はないかと。

 

 

共産主義とは?

学べば、

 

書店にて、

マルクス関連の本は何処にありますか?」

と訊ねられた店員が、

「それなら”幻想文学”コーナーにありますよ!」 

 

といったやり取りの理解も捗るだろう。