読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

SFベスト・オブ・ザ・ベスト (下)

本(小説) おすすめ

 

SFベスト・オブ・ザ・ベスト (下) (創元SF文庫)

SFベスト・オブ・ザ・ベスト (下) (創元SF文庫)

 

 くそっ、面白れえ!

思わずそう呟いてしまった。

 

今年流行したタレントのりゅうちぇるによる、

グルメレポぐらい衝撃的。

食べて感想を求められ、言った感想。

「これは…とっても…おいしい」

「アホやないかい!」

とのキレッキレの突っ込みで爆笑。

 

本書も、

そんな端的な発言しか出来ないほどに感嘆させては、思わず頬も緩めさせる至極のSF短編集。

本書は文字が小さめ。ながらも読み始めると話に引き込まれては、気付くとその短編一つを読み終えてしまっている。

まるでこの本の存在自体がSFのように、妖艶な魅力を持つ一冊。

半世紀ほど前の作品から成る内容ながらも、そこには超心理学や夢機械や1万年後が登場しては古臭さどころか前衛的な物語を呈し、変わらぬ人間の業やエゴも巧みに描く。

 

「夢幻世界へ」、「率直にいこう」、「公開憎悪」、「録夢業」などがとても良かったけれど、個人的イチオシとしては「ある晴れた日に」という作品。

これは前知識も先入観もなく読んでもらいたい作品。

やられた!と思う作品。

 

くっそー、面白いな。

時間を忘れさせるSFだった。

これはSF好き以外にもお勧めできる一冊。一読して一切の損なし!