読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

まほいく

アニメ

 

今期に放送していたアニメ「魔法少女育成計画」が想像していたよりも、面白かった。

しかし如何せん、回想が多過ぎてテンポ悪い。

 

なにこれ?ワンピース狂が作った作品?

と思わんばかりに、各キャラクターの過去を描いては、じれったい。

元気の押し売り、なるあだ名が某芸能人にあったけれど、この作品はまさに”感動の押し売り”といって適切な内容。

 

そういった意味では「こうすれば、感動するでしょ?」と上から目線。

見下されているようであり、同時に「これが感動のテンプレだ!」と皮肉めいたメッセージも感じては、メタファーに富む作品。

何処かで見たような展開、能力ばかりで、これは筒井康隆が書いたラノベの如く、皮肉兼メタファー的作品なのかとふと思う。

 

そういった視線で見れば印象も若干異なり、こちらの楽しみ方が本当?とさえ思える展開。

 

この作品に関しては、「稚拙なストーリー」なる言葉は一種の褒め言葉。

すれば暗喩とした作品も貶す事に成って、せせら笑いそう。

昨今に蔓延するやっすい感動。そのテンプレを凝縮したような作品。

安い感動が味わいたい人や、ある種のメタファー、つまりこれが昨今における主流の「感動系」。そうしたものを一目してみたいと思う際には、役立つはず。

 

サンドウィッチマンの人が、「カステラぎゅーっと潰せばカロリーゼロ」なんて名言を言ったけれど、まさにこの作品もギューっといろんな箇所からのアイデアを凝縮しきったかのような作品。

一件、濃厚な物語に見えるけど、実はすっかすか。

けれど実際にはカロリーあって、しかしそれはジャンクなエネルギーと言うところも一緒で、まさに潰したカステラのような作品だった。

 

もしくは、「果汁20パーセントのオレンジジュース」のような作品。

味が薄くて物足りないながらも、一応は美味しい。