book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

粋な言葉

 最近触れた、粋な言葉。

 

昭和元禄落語心中の2期目、

その三話目、印象的だった粋な台詞。

それは、

相手に込み入った事情があり、

そこに踏み込んでほしくない、と相手がした時、主人公が返した言葉。

まず、「ならもう話してくれなくていいや」と言い、

続けて言った、この言葉。

 

 

世の中には言葉にしねぇ方がいいこともある。

隠し事のねぇ人間なんて色気がねぇ。

 

 

 

もうひとつは、

論理学者ウィラード・ヴァン・オーマン・クワインによるこの話。

 あるピアニストがモーツァルトを弾いて、鍵盤を打ち間違えたことをわびたとき、 

クワインが慰めるために言った、この言葉。

 

  

気にすることはない、

別の曲を完璧に弾いただけだ。

 

 

どちらも「粋な言葉だなぁ」と、思わず感嘆した。