book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

365日のパン

 パン屋巡りとして、

「行ってみたいな」

と思っていたパン屋『365日』にも足を運んできた。

 

購入したのは「ショコラ」、「コンプレ60」、

そして看板商品の如く有名な「クロッカンショコラ」。

 

 

まずはショコラから。

f:id:murabito07:20120110003153j:plain

見た目は小ぶりで、1個34g。

持つと意外と生地は硬めで、ハード系かと思わせる。

 

 

f:id:murabito07:20120110003415j:plain

内層とその気泡具合。

内部にはチョコがけっこう入っている。

 

食べてみると、まず食感が意外!

硬めの生地かと思いきや、

クラム、クラスト共にもちもちしており、まるでポン・デ・ケージョのような歯応え!

このもちもち具合は特筆すべきで、生地からして一味違う。

生地自体の味としては、見た目どおりにチョコ風味。

練り込まれた物が何かを示すようにチョコの風味が顕著であり、

そして生地に練り込まれているのみならず、中にもチョコが所々に。

 

中のチョコ自体は甘過ぎず、ほんのりビター。

小ぶりで34gのみなので、ボリューム感には乏しい。

しかしこのもちもち生地は独特であり、これが国産小麦の特徴ならば、その差異は顕著に感じる。ポンデリングなど、もちもちした食感が好きな人には、お勧めできるパン。

弾力に富む生地であり、チョコ味の濃い一品。

遅れながらも、バレンタインの贈呈品に良いのでは?と思える一品。

ともすれば、小ぶりに可愛い見た目もあるので、ホワイトデーにお返しとして、職場の女性などに渡せば喜ばれそうではある。

 

 

 

次にコンプレ60のハーフ。

f:id:murabito07:20120101002230j:plain

値段は170円と良心的。

ハーフカットで重量108g。

こちらは往年のハードパンよろしくカッチカチの感触。

触っただけで「あっ硬いな」とわかるほどで、

シンプルな生地具合を促すように提示する。

たまに見かける表現、”釘が打てるほど硬いパン”。

そうした表現を間違いでないと思わせぬほどには硬めで、カチカチであり、

叩けば怪我するのでは?と思うのほど。

 

 

f:id:murabito07:20120101002236j:plain

内層。

気泡具合は、まばらで小さめ。

そして袋を開けても、流石にルヴァンのような芳醇な香りは広がらず。

 

食べてみると、感触そのままに硬い!

実にしっかりとした租借を強要し、歯応えはたっぷり。

ぐらついている歯でかじろうものなら、ひと噛みで歯を持っていかれそうなほどの硬さであり、歯の状態が悪ければ食べられないであろう硬さ。

しかしそれが歯応えをもたらして実によく、噛み締めては麦の味が広がり、その味としては全粒粉らしく荒々しい。

けれどルヴァン等と比べれば控えめで、思っていたほど味は強くない。

そして酸味は控えめで、前面にはあまり上らず、麦の主張が強い味。

食べ慣れぬならば、少々癖の強い味と思われそうな風味を出し、チーズとの相性がよさそうな味。

クラスト硬く、クラムも硬め。

もちもちさは乏しく、然し噛み締めるパンとしては申し分ない。

そして味わえば、国産小麦の特徴?米を噛み続けて出てくる甘みのようなものを感じては、麦芽糖?と思わせる。

噛み締め、湧き出る甘みは、国産小麦特有、もしくは自家製粉における粉の新鮮さによる影響かもしれない。

酵母は自家製レーズン種とのことで、その特徴かもしれなく、酸味少ないのが印象的で、料理にも合わせやすい味。

ともあれ、引き締った生地は食べ応えのみならず、風味も充実しており美味しい!

これで170円は安い。 

 

 

 

最後は、有名なクロッカンショコラ。 

f:id:murabito07:20120101005607j:plain

1個49g。

一目してシュークリーム1.5個分ほどの大きさながらも、

1個のお値段290円!と高め。

然し見た目が美しく、それが特徴的であって芸術的。

よってメディアへの顔出しも多く、看板商品に思えるこの一品。

 チョコがキャビアのように挟まれていて美しく、

まるで洗練されたケーキのよう!

 そしてケーキと思えば、そのお値段も決して高くはない。

 

あと印象的なのがその形で、楕円かと思いきや違い、

f:id:murabito07:20120101005544j:plain

若干のキノコ型。

 

 

f:id:murabito07:20120101005818j:plain

内層。

気泡は小さく、密集しており、よく煉られていることを思わせながらも、気泡とギュッと凝縮したような膨らみ具合から、小麦含有のたんぱく質の少なさを思わせる。

そして持ってみると、想像とは裏腹に生地はしっかりしており、ソフトフランスのような硬さであり、菓子パンのように柔らかくはない。

 

食べていると、生地は予想に反してしっとりと柔らかい。

そして生地自体の味がまた予想外。

思いのほか上品な口当たりとその味。

生地自体、とても濃厚で、その味はまるでチョコケーキ!

一味で驚き、濃厚なチョコ味の生地に驚愕。

ここまでチョコケーキのような味わいある生地は稀有で、

深みあるチョコの味わい。ビターなのも良い感じ。

一口食べれば生地のみと思えない濃厚な味が広がり、見た目のみならず食べても感じる印象は、まるでケーキのよう!

 

なので中央、派手なトッピングに達せずとも濃厚な味を堪能でき、

中央のチョコにたどり着くと、また意外。

中央のキャビアのようなチョコ、とろける様な普通のチョコでなく、クランチチョコ!

よってサクサクした食感をもたらし、良い食感のアクセントに。

 するとバランスは見事で、ひとつのパン、というよりひとつの料理であり、 

ケーキのような完成度!

食べれば納得その価格。

ケーキと思えば普通、寧ろクオリティを思えば十分安く思えるほど。

 

何よりも、生地の硬すぎず柔らかすぎない食感、

ビターで甘さ控えめの上品なチョコ風味の生地、

それに合わせるトッピングのクランチチョコと、バランスがすこぶる良い。

看板商品だけあり、クオリティは予想以上。

一度は食べてみる価値のある、よく出来ているパンだった。

 

 

365日は雑誌、テレビなどでもよく紹介され、注目していたベーカリー。

地産池消を提唱して海外産に頼らず、国産小麦を積極的に使用。

そうして食べたパンの感想としては、どれもが極ていねいに作られており、

素材を際立たせるパンばかりに思えた。

評判に偽りなしでどれも美味しく、

特に「クロッカンショコラ」は大きさとその値段に「どうなのよ?」と疑問視しながらも、食べれば一変、値段以上のものと納得。

見た目のみならず、味においても洗練されていた一品だった!