読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

ヤマザキの ”コッペパン” ポテトサラダ&タルタルソース

惣菜系のコッペを食べるのは久々。

普段寄らないスーパーで見かけ、気になって購入。

f:id:murabito07:20120101000221j:plain

 

 

f:id:murabito07:20120101002831j:plain

愛らしさも感じる、その見た目。

ずんぐりした見た目は色合いも相まって、何処かゴッグっぽい。

相変わらず大ぶりで、1個の重量は140gもあって見た目どおりにヘビー級。

それでいてカロリーは350なので、案外低い。

 

 

f:id:murabito07:20120101002854j:plain

中のフィリング。

量はまあまあ入っており、

薄く平たく敷かれ、機械的な均一感。

 

持つと生地はふんわり柔らか。 

食べると、生地はふんわり柔らかくて弾力ある。

比喩で言えば「柔らかい枕」といったぐらいにはふんわりしており、軽く握っても弾力を生地に感じる。

味としては、生地自体、意外と甘過ぎず普通の菓子パン生地。

フィリングは結構普遍的なポテサラ風ながらも、タルタルソース使用なので特有の酸味が強めであり、多少なりともタルタル味の個性を主張。

そして全体的に濃い味で、ポテトサラダは「ボリュームたっぷり!」というほど入っていないが、それでも全体へ味を染み渡らせるには十分な量。

あと意外と具だくさん感があって、じゃがいもやにんじんは固形で目に見え、歯応えもあっていい具合。 

パンのふわふわも相まってボリューム感もそれなりにある。

こうした「ふんわり、もちもち」とした生地のパンは日本人には特に馴染み深くて人気がありそうで、老若男女向けのド定番といったパン生地。

ポテトサラダは、タルタルソースが嫌いでなければすんなりと受け入れられる味であって、タルタルにおける卵黄味のコクもあって普通に美味い。

全体として、安価の割にはいい出来と思うパン。

カロリーも高すぎず、菓子パンにしては「食べたな」という満腹感も高め。

惣菜系こっぺの中で、悪くない一品に思えた。