book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

オノマトペの新流儀

 

何もせずとも汗が滴る季節となっては、あんぱんなくても冷えた牛乳ほしくなるこの頃。するとついガブガブと牛乳飲んでしまって、ベルトはならずともお腹のほうは多少ゆるくなる。

そうした中で小説読んでいると、”ビルが崩壊し…”といったような描写が登場。

視覚が文字を認識。意識に反芻した瞬間、

同時に

 

”グゴゴゴゴゴ”

 

とゆるくなったお腹が音を鳴らして、

まさかの”腹の音オノマトペ”!

すると脳裏にはリアルな音を立てて崩れ去るビルの光景がより鮮明に浮かび、

まさに生理反応による作品とのシンクロニティ!

 

すごい偶然性であって、思わず感心。

妙な初体験に微々たる感動が萌芽し、「これがアハ体験!?」(多分違う)と唸ってしまた。

 

そうして調子に乗って牛乳さらにがぶ飲みすれば、今度はバイクの騒音など生み出してしまっては地獄なので、自粛することあしからず。

 

 

 

祈りの海 (ハヤカワ文庫SF)

祈りの海 (ハヤカワ文庫SF)