book and bread mania

-中途半端なサウスポーによる日々読んだ本の記録 + 雑記 + パンについて-

アーサー王と円卓の騎士

 アーサー王について。

その存在は知っていたけれどその物語についての啓蒙は浅く、「アーサー王って某ゲームで大人気だよね」程度の知識しか有していなかった。

そんな折、

 

昨今たまたまこの本を手にする機会があって読んでみた。 

まず感想を一言で述べると、すごく面白かった!

アーサー王の物語なんて、騎士道精神とかいう古い価値観による勧善懲悪のテンプレものなんじゃないの?」なんて風に思われようが、とんでもない!

この物語は現代に読んでも十二分に通じる面白さがあり、それはアーサー王伝説が単なる勧善懲悪ものではなく、同時に騎士としての誉を第一としていながらも、それによって物事をすべて理路整然と解決していかない点にこそ本作の魅力がある!

そしてアーサー王伝説において示される騎士道精神とは、誇りを命と捉え妬みを恥とし慈悲を勇気と捉えて示す。忠誠こそもまた騎士においては自らの命、またはそれ以上に尊大なものであると考え、そのため忠誠を誓う相手に対する背信は自らの存在自体を否定することにさえも成りかねない。

 

仮に、アーサー王本人もしくは魅力溢れる円卓の騎士たちが全うに騎士道精神を貫き、背信行為をなんら見せず、彼らが彼ら自身の絶対的な正義としての立場をとり続けていたのだとすれば、この作品はおそらく時代と共に色褪せていただろう。


しかし時と場合によって彼らは背信行為を示す。それは自らに対する裏切りでもあり、騎士道精神から大きく外れた行為。

それでも彼らは背信となる行為を示すことによって、彼らが普遍的な人間であり、血が通った人間であることを知らせて読者をハッとさせる。

 

人間とは本来、非論理的な生き物だ。

 

仮に誰しもが効率よく、論理的な行為や行動をもって世を成していれば、世界はより秩序立ったものに成っていたはずである。

けれど現実においては生じるイレギュラーこそ必然で、人間が必然的にも論理的な存在であれば、人間と同等のAIが既に完成していておかしくない。

しかし実際にそのようなAIは存在しない。

その理由は簡単だ。

人間の行為には論理から逸脱している部分があり、むしろ人間の論理の特徴とは、まさにその逸脱さ、非論理性にあるのだから。
よって非論理性にこそ人間らしさが潜んでおり、そのため例えば、”主君の姫君に恋心を抱く”等というのはまったくもって非論理的。だってアーサー王並びに円卓に騎士たちにとっての論理とはすなわち騎士道精神であって、それに反する行為とはすなわち非論理的なのだから。

それにも関わらず、抑えられない衝動の数々をアーサー王の物語は読者に見せつける。

そうして描かれているその非論理性にこそ、騎士道精神をまとった彼らが人間としての姿を見せるのであり、実在性を乏しく感じさせるその人物像が急にリアリティを帯びて感じてくる。この構造にこそ、深い共感性をもたらし現代にも通じる作品性があるように思えてならなかった。


まとめとしてアーサー王伝説その魅力について。

この物語における魅力とはつまり、騎士道精神を彼らの行動原理として示しながらも、そこに生じる人間としての不完全性。それを物語を通して示すことにより、人間の理想と人間本来の現実を対比として表現し、啓示の如く人間に備わる非論理性を表している点にあるのだと、本書を読んでいて深く感じた次第である。

 

面白かったのでおすすめの一冊。

 

旅行について

昔に書いたものがふとした拍子に見つかって、青臭いけれど埃臭くはなかったので載せてみる。



旅館旅行

景色の良い旅館がこの上なく好きだ
朝、早くに目が覚めて、起きると窓辺に寄ってこっそり窓をあける。
空気はすんでて、息をおもいきり吸うと朝もやのシャワーを浴びるみたいに清々しい気分になる。
そこでミネラルウォーターを飲むと、家でひとりきりで飲む生ビールなんかよりもずっとおいしくて、急に世界がいとおしく感じはじめる。
ん、って彼女が寝返り打つような声をあげると
目をゆっくり開けてぼくの方をみる。
目があって「おはよう」って彼女がまどろみながら言う。
「おはよう」と僕も返す。

ぼくが笑えば、彼女も笑ってくれる。
彼女が笑えば、僕も笑う。
たぶん作用反作用の法則が、質量保存の法則にかわるとき、それが愛なんだと思う。

「恋に落ちる」という表現の妙

「落ちる」のだから体は落下するのにも関わらず、「恋」によって気持ちは高揚し心は浮上する。
体は下に心は上に、といったようなこの心体のアンバランスさこそが恋に患う状態を的確に表現しているように思え、恋によって 我を見失うのは身体と心の解離によるものだと、「恋に落ちる」という言葉がその言葉の意味にこれらを含有しているのであれば、これは深い言葉だなと思う。
落ちることができる程度には。

二掛ける二は百になる

最近聞いてちょっと感心した話。

それが表題のことで、正確には「結婚生活において、二掛ける二は百になる」という話。どんな話かと言えば、それは夫婦喧嘩のときに見られるひとつの方程式について。

夫婦喧嘩においては お互いに自分のことが98パーセント正しいと思っている。

でもそこで自分でも認める2パーセントの欠点を自ら提示し、進んで互いに謝り合えば喧嘩は100パーセント収まるそうだ。

 

つまりそこでは二掛ける二が百になるというわけ。

頓知めいた話だけど、妙に納得してしまった。

そして大事なことかなとも思う。

 

 

”伏線”のお話

 昔と比べれば、アニメやドラマを観ていて先の展開を予想することが減った。

それは雑多な多忙さにも原因があると言えばそうかもしれないし、単に先を予想するのに飽きたからとも言えるかもしれない。

しかし、先の展開を予想するのをやめた最大の理由はおそらく……

 

 

そもそも”先の展開を予想する”とはどういうことか?を少し考えてみた。

たとえばエヴァなんかは先の読めない作品として有名で、新劇場版ではQの急展開にびっくらこいた。そこで思うのは「じゃあ作品において先の展開を予想するのに必要なものとは?」ってことで、次に思い浮かんだのが「伏線」の存在。

人間は合理性を求めるが故に(整合性も含めて)、物語では展開として以前の情報を加味していなければ破綻して感じる。*1

 

そこで視聴者は未知なる今後の展開を考える上では当然、それまでの展開や演出を考慮して考えるわけで、これを論理学的な表現で示せば

前提に「先の展開にはそれまでの内容が関与する」

というものがある。

つまり、”伏線”として表現される概念の枠を拡大して考えれば作中の登場人物ばかりではなくそれまでに演出されたすべてのものが「伏線」に成り得るわけだ。

よって上記の前提を元に先の展開を予想するわけなのだけど、ここで重要なのはその前提が必ずしも正しいわけではないと言うこと。

なぜなら作品によっては唐突な展開が可能だからで、「急に登場する新キャラ」*2なんかはその好例と言えるだろう。

そして、その新キャラが軸になって新たな急展開を示す場合、視聴者がその展開を予想できないのは当然で、なぜって前提に含まれていなかった要素によりもたらされたものだから。

論理学の基本には「前提が誤りならば結論は何とでも言える」というものがあるけど、創作物の場合、そもそも前提自体が不確定であるので結論どころか前提自体も覆せる可能性を常に抱いているために、ある種の作品では”先の展開を予測する”ことは無為に成り易く、そのため「先の展開をいくら予想したって、作者による鶴の一声でどうにでもなってしまうんじゃないの?」とつい思ってしまうわけだ。

もちろん、すべての作品がこうした呈を成しているわけじゃないし、むしろおおよその作品は先ほど述べた前提をちゃんと前提にしている場合が多いと思う(シリアスな作品ほど唐突な場面が組み込まれているとそこでポカーンとしてしまい、冷めてしまうだろうから)。それでも「先の読めない展開が売りのひとつ!」みたいな作品だと、上記の前提を覆しがち。

だから「先の展開を予想することをあんまりしなくなった」とも言えるし、というか最近はむしろ「あえて先を予想しないことで、繰り広げられる展開をじっくり楽しむ」という心持のほうが大きいかもしれないけど。

 

この雑記駄文の締めの言葉を考える際、”伏線”を関連させようと思うのなら、示した前提とその後に続く文脈の中身を加味して、最初のほうに述べた

”しかし、先の展開を予測するのをやめた最大の理由はおそらく……”

という文の続きとしては、こう示せばいいのだと感じる次第である。

 

 

メロンパンが美味しいから。

 

*1:これは当たり前のことで、たとえば”アンパンマン”が何の脈略もなく次のカットでは”カレーパンマン”になっていたら「場面が変わったのかな?」や「何かがあったので交代したのであって、その描写があとであるだろうな」と思うはず。それがいっさいなければ「?」となるはずだ。

*2:「急に示された新しい設定」なんかも同様。

フジパン『メロンパン ハッピーターン味』

f:id:murabito07:20200911120029j:plain

珍しいメロンパンを発見。

気になったので買ってみた。


袋を開けるとまず甘いにおいがあふれ出てくる。

食べてみると、ビス生地が意外にしっかりチーズ風味。
でもスナック菓子のチーズ味みたいなジャンクなチーズ味。

フィリングにハッピーターン味のクリーム入りで、確かに再現度ある味。
そして甘い。
甘いのが苦手な人にはきついのでは?と思えるほどの濃さで、喉が渇いて感じるほどの甘さ。

しかしそのハッピーターンクリームの甘さが塩気のあるチーズ風味のビス生地と相性良くて、まさに甘じょっぱさの化身!

なかなか美味しかったけれど、個人的には味が濃すぎるように感じたりも。

ただその割には1個のカロリーは334と低めだし、菓子パンでここまで甘じょっぱさを感じさせるパンも稀有であると思うので、気になったら一度食べてみる価値はあるように感じられた。
菓子パンって基本、甘いばかりでしょっぱさは控えめ。あとで食塩相当量を見て「これほどの塩分が!?」と二重の意味で驚くこともしばしば。*1

なので嵌る人は本当に嵌るであろう菓子パンで、もう一度ぐらい食べることもあるかも。

*1:といっても菓子パン系は惣菜パンと比べれば、基本的には塩分控えめ。このパンも塩分は0.48でそれほど多くなく、しかしこの塩分量でこの甘じょっぱさを感じさせるのは凄いことなのかもしれない!!