読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

ヤマザキ 薄皮ココナッツクリームパン

パン

 

f:id:murabito07:20130101000125j:plain

ココナッツクリーム?

見慣れぬ表記に気を惹かれ、購入してみたこの一品。

 

昨今では、ココナッツオイルがヘルシーと評され話題。

故に、このココナッツクリームも、その流行の便乗品?

 

何はともあれ、普通のクリームとはどう違うのか?

確かめたく、いざ食べてみることに。

 

f:id:murabito07:20130101000522j:plain

相変わらずの小ぶりっぷりで、見た目は普通の薄皮パン。

1個の重さは35g。

 

f:id:murabito07:20130101000619j:plain

中身。

クリーム色が白いのは、おそらくココナッツが故。

そして黄色味ないのは卵黄なしのため?

 

食べてみると、

生地はふんわり甘く、気泡の膜は乱雑。

往来の薄皮パン同様、中身は多めに入っており、

フィリングはすぐに生地と共に口の中へ。

 

今回注目のココナッツクリーム、一口食べて少し驚く。

それは食感。

多少”シャリシャリ”とした、ココナッツの繊維?と思える食感が口の中を彩る。

この特徴的な食感、舌触りがこのクリームには在り、最初の数口、若干の違和感。

しかし食べ進めれば慣れに負け、違和感は希薄に。

けれどクリーム自体の味はなんとも微妙。

 

甘み強めのクリームで、美味しい!とはならず、不味い‥ともならない。

可もなく不可もなく、どっちつかずの疎らな味わいで、食べる当人 困惑させる。

しかし色合い印象そのままに、クリームにコクは感じずただ甘い。

 

軽い味わい、軽い口どけ、軽い食感。

"THE B級パン!”の立場を硬く死守する””薄皮シリーズ”菓子パン内の亜種であり、その地位は以前と変わらず終い。と言った印象の薄皮パン。

 

おやつ等には良いかと。