book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

イトーパンのクリーパン

ホールセールの安価なクリームパン。

味の基準、指標つくりの一端担ってもらおうと、安さにも釣られて購入。

 

 

f:id:murabito07:20110101164138j:plain

これ。1個の重さは102gのカロリー316。

定番お手本のごとくグローブ形と思いきや、

 

 

f:id:murabito07:20110101164243j:plain

グローブ型になりきれぬ中途半端な見た目。

「何故この形?」

と問われても、その言葉は用意にキャッチできず、

返答できずでキャッチボールは終了。

不良品グローブのような見栄えはともかく、

クリーム見ようと真っ二つ。

 

f:id:murabito07:20110101164404j:plain

カット内面。

「クリーム少なっ!」

思わずそう口に出してしまいそうなる。

クリームは生地の片側に寄り、クリーム量も生地の内層面積と同等であり、クリームたっぷりものを”薄皮パン”と呼ぶのなら、これは”厚皮パン”と称すべきであり、クリーム覆うクラストクラム食べるに多し。

 

食べてみると、

生地はふんわり柔らかく実に普通であり安直な味。

シンプルなこっぺんぱんテイストであり、生地の味は甘め。

ほんの少々イースト臭漂わせるその甘い生地は、まるでイーストが作業をサボったかの様な味わい。

普遍的なパサつく菓子パン生地に続いてたどり着くそのクリームは、大方の予想通りあとを引く甘さあるカスタード。

”パサつくクリーム”という新たな形容を与えたくなるカスタードで、バニラ風味は稀薄。

カスタードのコクは軽く「ああ、50円の味だな」と安価なものの味わいを堪能できる逸品!

変わる事ない普遍的ホールセールの袋クリームパンといった印象の一品で、味のものさし良し悪しの形成においては良いのでは?

緊急時の栄養補給にも持って来いのパン。

けれどやはりクリームの少なさは悲しい…。