book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

人間の闇を見た

夕方のスーパー、レジでの出来事。

ちょうど込み始める時間帯で、自分の前には会計中の土方風の男性。

込み始めたためかレジのおばさんはとても焦っているようで、さっさと手を動かしカゴの中の物をスキャンして値段を読み込ませていく。

そんな中、パック寿司を持ち上げた際、手が滑った様子。

 

パック寿司は見事に半回転。宙で回転して上蓋から着地するも蓋は外れず。

 

それでもパック寿司は傍からみても少々グチャッとして見えた気が…。

するとそのおばちゃん、何事もなかったかのようにそのパック寿司をささっと元に戻し、何事もなかったようにレジを通す。

土方風の男性はちょうど視線を逸らしていて気付かなかったらしく、そのまま平然とほかの物も読み取り合計金額を告げるおばちゃん。

 

 

ちなみにその後、その男性は知ってか知らずか、何も言わずに会計を終えていた。

終始、スマイルだったレジのおばちゃんが印象的。