book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

フォションのクリームパン

高級ブランドのパン屋、フォションにて。

クリームパン。しかし名称はカレ・クレーム。

なんでもフランス語で、カレは四角、クレームはそのままの感じでクリーム。

要するに四角いクリームパン。

 

f:id:murabito07:20141106002853j:plain

計ってみると1個の重量は98g。

 

食べてみると生地はふんわりと柔らかい。

歯ごたえはなく、典型的な菓子パン生地だ。

そして生地自体には卵の味と甘味があり、生地だけでも意外と美味しい。

 

f:id:murabito07:20141106003337j:plain

フィリングは幅広く入っており、食べ始めてすぐカスタードクリームに在り付ける。

そのカスタードクリームの味について。

 一言で言うと、素朴。それでいて牛乳の風味がしっかりと味わえ、少し歯ごたえあるほどのしっかりとしたカスタード。

 

雑みのないシンプルな味わいで、「これぞカスタードクリーム」といった味。

シンプルイズベスト、ということか。

悪くないが、良すぎる事もない。シンプルに美味しい分、ガツンというインパクトがない。

堅苦しい名前ながらも、つまりは老若男女に好まれる、万人向けといえる昔ながらのクリームパンだ。

ただ、これといった特徴なしに定価200円以上は少し高い気がする。