book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

ごま食パン

ホームベーカリーでパンを焼く。

作ったのは、ごま食パン。

 

f:id:murabito07:20140101000051j:plain

 

 

 

材料は至ってシンプルで、小麦粉、ごま、ドライイースト、水。

それに少々の塩と黒糖。

 

小麦粉263gに対し、黒糖、塩共に僅か2gほど。

 

黒糖は少なめだが、それでも生地はしっかりと膨らみ、発酵する。

 

 

f:id:murabito07:20140101000920j:plain

食べると素朴な味わい。

小麦粉の味と、胡麻の香りがダイレクトに味蕾を刺激する。

 

胡麻の風味が強く、香ばしくもあり心地良くもある味わい。

 

そのまま食べても美味しいが、サンドイッチにはもちろんのこと、

食事パンとしても扱える万能さ。

 

日本の食パンは甘みが強すぎる、柔らかすぎる、などの弊害があるので、

ホームベーカリーで作るパンは極力シンプルに。

 

砂糖少なく油脂を入れないことで硬さも保たれ、適度な硬さを維持、表現。

特にミミの部分は硬く、歯応えあって美味しい。

しかしこのパン、水を170ほどいれるので、内装部分は意外とふんわり柔らかい。

油脂など入れずとも、ここまでふんわりするものか、と思うほど。 

 

 

パンは硬過ぎる、といわれるほどの硬さがちょうど良い。

噛み締める事で、本来の味を堪能できるのだから。

そういった意味では、より吸水を減らした方がいいのかもしれない。

しかしこの分量がバランスよく思えるのもまた事実。

 

 

もしホームベーカリーでパンを作るのならば、出来るだけシンプルに、

あまり柔らかくない、市販のパンとは違った食パンを作るのがおすすめ。