読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

チーズフレーバーのお菓子はやはり本場産が美味いのか?

チーズ味のお菓子というのは多々存在し、有り余るほど溢れているが、

ことそれがヨーロッパ産であると、日本産チーズ味のお菓子よりかは「美味しそう!」や「チーズ味が濃そう!」と思ってしまうのは、向こうがチーズ本場ゆえの自然の摂理

 

 

f:id:murabito07:20110113153313j:plain

故に、このお菓子から受ける印象も、「美味しそう!」や「チーズ味が濃そう!」。

 

購入したのは業務スーパー

上記のお菓子はチーズ味、それもブルーチーズと来たものだから、チーズ好きにとっては気になるもので、購入。

 

それで食べてみることに。

f:id:murabito07:20110113235617j:plain

見た目。薄いチップス。

 

あくまでせんべいなので、食べると油脂感はなく、名前通りに薄焼きせんべい。

それも極薄の。

ヘルシー感あるものの、尤も肝心な味としては、とても薄い。

見た目と味が平衡するかのように、チーズ味は微か。

微かにスカッスカ、と妙な韻を踏んでしまいそうになるほどチーズの味は乏しく貧しい。

安価な値段そのままのクオリティで、不味くもないが、それほどに美味くもない。

 

 

 

微妙な味ゆえ、なんとも捉えどころの難しいお菓子。

「チーズ嫌いにも食べられるよ!」と宣伝できそうだが、

それではもやはチーズ味を求める意味がない。

チーズ味は利いていないが、皮肉は利いた味。

カロリーあまり高くないので、つまみなどにはいいのでは?