book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

ダンジョン飯

 

 先日、安く買えたので話題の漫画を今更ながらようやく読んでみた。

そうして嗜むと、確かに面白い!

先ず絵が丁寧。漫画調のデフォルメ具合は控えめで、まるで海外アーティストが描くようなスタイリッシュさであり、読み易く万人向けする絵柄。

それに一番の特徴、”モンスターを料理して喰う”という独特の着眼点がスパイスとなって丁寧な絵柄に加わるのだからつまらないわけがない!料理漫画であれど、試食の際に派手なリアクション見せずとも十分に面白いと知らしめる内容、まさに発想の勝利!

 

ゲテモノ料理ながらも、ゲテモノと思わせずむしろ創意工夫によって「あっ、この料理見たことある!」と思わせることによって親近感を持たせ、この親近感が料理のみでなく、その材料となるモンスターに対しても親近感を抱かせるのだから凄い。

異世界における現実世界の料理再現漫画、あちらの世界がこちらの世界の料理を再現するという逆転現象、さらにはモンスターに対して抱く”恐い”や、”可愛い”など以外の、第三の感情、

 

“美味しそう”

 

を新たに感じさせる生粋な作品。

 

ファイティングニモ見て「魚、美味しそう」などと呟けばサイコパスを疑われそうだが、そんな人物が主人公の愉快な漫画であり、評判になったのも納得。

 

斬新な切り口は食材の切り方のみならず。

普遍的に面白く、万人にお勧めできるであろう新時代型グルメ漫画。アニメ化しそうな作品である。その際には、“飯テロ”の言葉が飛び出るか、注目の作品だ!