book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

塩キャラメルのっぽ

 

f:id:murabito07:20120209203022j:plain

ラブライブサンシャインとのコラボレーション品!

といってもラブライブサンシャインは視聴していないのでよく知らず。

単純にのっぽパンを見かけては新フレーバーに注目して購入。

 

 いつもどおりの長さであり、のっぽと言う名は伊達でない。

 

f:id:murabito07:20120209203138j:plain

比較対象として、横にトップバリュのラップ。

 比べると、ラップの全長よりも長い!

 1個の重さは110g。

これで約305 kcalなので、菓子パンとしては意外と低カロリー。

 

 

f:id:murabito07:20120209210134j:plain

フィリングはたっぷり目。

生地自体は感触として柔らかく、ジャパニーズ菓子パン生地。

 

 

食べてみると、

フィリング多いので一口目から塩キャラメルの濃い味!

想像以上に濃くて、この味は森永の塩キャラメルにそっくり。

本当に森永塩キャラメルを使用したのでは?と思えたほど。

 

具体的には甘さの強いキャラメルの味でピーナッツバターのように濃厚。

子供が好みそうな味で、菓子パン生地のジャンクさと相まっては、おやつ等に良さそうな味のパン。

パンのパサつきもフィリングの多さでカバーしあまり気にならず。

そしてのっぽ故に食べ応えも感じては、同時に昔懐かしい『THE菓子パンテイスト』を存分に味わわせてくれる一品。

 

甘さと思い出を一緒に味わう情緒パン。

新フレーバーながらも王道のっぽパン的貫禄あり、以前からあったよと言われても違和感ない味。

多少甘いけれど普通に美味しく、定番化していいのでは?と思えるのっぽパンだった。

 

フィリングたっぷりで最後まで美味しく頂けた!