book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

ル・プチメックのパン

京都へ用事があって日帰り旅行。

ついでにとパン屋めぐり。

目的は評価の高い『ル・プチメック今出川店』。

f:id:murabito07:20110101000024j:plain

そうして行ってきたのだけれど、道すがらには確認出来ただけでパン屋が4軒も!

さすがパン消費量日本一を誇る京都であって、

パリなら条例違反になりそうなほどの密集度!

 

ル・プチメックには午前中に着き、

まだパンは多く残っており、よりどりみどり状態!

値段はどのパンも良心的であり、東京のベーカリーと比べると安い。

 

購入したのは9個でお土産に4個。

食べたのは5個でクロワッサン、クランベリーショコラ、プチセーグル、バゲットのハーフ、くるみルヴァンの4個。

 

まずはクロワッサン。160円。

 

f:id:murabito07:20110101090917j:plain

見た目。

1個の重量は52g。

濃い焼き目が特徴的。

 

f:id:murabito07:20110101091052j:plain

内面。

層が綺麗に形成。

膜が張ってあるかのように見えるのも特徴的で、細か過ぎない層。

 バターの香り高く、鼻にまとわりついたほど。

 

食べてみると、表皮はサクッ。

味としては、バターの味が前面に出て色濃い。

甘さ控えめ。

クロワッサンは結構甘いものも多い中、これは甘みが強くなくバターと生地の味が主。

普通に美味しく、完成度高い。

糖と脂の織り成す麻薬と成り得る味であって、これで160円は安い。

お買い得の一品。

 

 

 クランベリーショコラ。230円。

 

f:id:murabito07:20110101095843j:plain

ごつごつした無骨な見た目で、

パン・ド・ロデブ、もしくはリュスティックっぽい形。

1個の重量は128g。

 

f:id:murabito07:20110101100102j:plain

内面。
とても密で少し驚く。

ハード生地っぽく、持つと硬くて好印象。

食べると、生地は見た目どおり。

硬くて食べ応えあり。生地にはしっかりと濃いチョコの味。

これは美味い!

クランベリーも多目ながらチョコ味が濃く、ベリーが色褪せて感じるほど。

チョコ味は全体的に濃厚。

これはチョコ好きにはお勧めで、ここまでチョコの味が濃いパンは稀有な存在。

食べていて、喉が渇きやすく感じたほど。

チョコ味の濃さに対して230円は安く感じた。

東京ならおそらく1.5倍の値段のはず。

完成度高い。ただし、チョコ好きに対しては。

チョコ嫌いは毛嫌いするほどの濃厚さ。

 


プチセーグル。110円

 

f:id:murabito07:20110101101944j:plain

全長は約12cmほど。
1個の重量は56g。

 

f:id:murabito07:20110101102156j:plain

内面。
気泡はなかなか見事で、大小あり突出して大きいものもあってワイルドさが覗える。

食感としては、

カチカチのフランスパンほど硬くなく、歯応えあってモチモチした食感。

少し固めのポンデリング

そんな食感であって、モチモチして美味しい。

味としては素朴。

余り単体として味の主張は強くなく、サンドウィッチ向き。

もちろん単体で食べても美味しい。

ライ麦の風味も強くなくて万人向け。

「優等生的なパン」と言った印象。なので特筆しての良さはそれほど感じず。

然し安定したクオリティ。

歯応えのある、モチモチしたパン好きにはお勧め、

 

 

バゲットのハーフ。130円。

 

f:id:murabito07:20110101103609j:plain

ハーフカットで重量は136g
端のほうがとがる様に細いのが特徴的。

 

 

f:id:murabito07:20110101104042j:plain

内面。

見た瞬間、「おおっ!」と思わず感嘆の意が口から漏れ出し、

その美しさときたら!

見事な気泡具合であって芸術的。表皮のクープ浅目なのも特徴的。

食べてみると、食感は硬い。モチッと引きが強く、歯応えあり。

生地自体の味は、麦の味はそこまで主張が強くなく、料理に添えたり何かを挟むにはちょうど良い。

歯応えとしても、硬すぎずクラムはモチモチとして歯切れ良く、サンドウィッチを絶品にする品質。

単体で食べても美味しいけれど、味そのものとしてはヴィロンやロブションのほうが上と思えた。
ただこの価格・ボリュームでこのクオリティはお買い得。

これもお勧めのパン。

完成度の高くて、食事に合わせるバゲットとしては最高峰。

気泡の美しさは見事!

 

 
くるみルヴァンの1/2カット。250円。

 

f:id:murabito07:20110101160124j:plain

重量は147g。

ハーフサイズの大きさながらも重量あり、ずっしりとした感触。

見た目としては無難で、茶色がかった色合いが少し特徴的。

 

f:id:murabito07:20110101160458j:plain

内面。
気泡は大きめ。ナッツは目視の限りではそれほどゴロゴロとしておらず。

食べると、生地の食感は固め。

歯応えあって噛み締める必要あり。

するとそこでよく租借すると、口内にジュワーッと広がる生地の味。

自家製天然使用としての生地の味は、とても濃厚!

麦の味が染み渡り、天然酵母による酸味と生地の甘み具合が絶妙!

プラスにくるみのコクで、これは美味い!!

単独で食べてもその美味さを存分に堪能できるパンであり、

これは買った中で一番の好み!

単体で食べても味は実に濃厚でとっても美味しく、発酵による美味さを「これでもか!」と味わわせるかのような一品。

胡桃の量も少な過ぎず多過ぎず。あくまで生地の引き立て役に徹し、生地の美味しさを強烈にアピール。生地とのバランス具合が実にちょうど良かった。

これはとてもおすすめ!

 

 

 ル・プチメックのパン、全体的に完成度が高い。

そして値段が良心的というのが印象的!

この良心具合が、京都においてパン消費量を日本一にした要因では?と思う。

京都を訪れる際にはおすすめのパン屋さんだ!