book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

それからはスープのことばかり考えて暮らした

 

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

 

 ほのぼのした雰囲気を感じる作品。

パンに関係した小説を紹介してるところで見かけ、気になり購入。

 

読むと、舞台はサンドイッチ屋。

そしてスープ。

サンドイッチとスープから始まる人間模様。

それは出来たのスープのよう温かくもあり、優しい味は過去の思い出を喚起する。

しかしそれは冷めたスープのように、哀愁も漂わせ感じさせる。

 

美味しさと切なさ、混合したサンドイッチ。スープ。

味気ない。その正反対。

濃い味に感じるのは、それほど思い出があるから。

『食べ物』の味のみを味わっているんじゃない。

それは思い出も味わっているのだ。

 

 

サンドイッチとスープを通して伝わってくる人間模様。

食べるときの模写。

そこからは存分にその美味しそうに食べる姿が頭に浮かび、同時にその人物の思い描く思い出さえも、微かに浮かんでくる。

 

この小説を読むと、人間はただ『食べ物』を食べるのではない。

 同時に、思い出、感情も一緒に頂いているのだと、感じさせ気付かせてくれる。

 

ほんのりとした切なさが漂う作品。

しかし全体的に漂う温かい雰囲気は秀逸。

食に関わる仕事をしている人には是非読んで欲しい作品だ。