book and bread mania

-日々読んだ本の書評 + メモ集 + パンについて-

ヤマザキパンの”パン・オ・ルヴァン”シリーズ

ヤマザキの3月新商品である”パン・オ・ルヴァン”シリーズ。
少々気になっていた中、安く見つけたのでなんとなく買ってみた。

 


まずはプリエーゼ。

f:id:murabito07:20120107192508j:plain

ルヴァン使用とのことで期待。

f:id:murabito07:20120107193225j:plain

 

f:id:murabito07:20120107193520j:plain

内層。
気泡がとても大きく、実にワイルドで正直驚いた。

持つとクラストが硬い印象。

食べてみると、酸味が強め!

ホールセールのパンとしては珍しいほどに酸味が強くて本格的。

しかし食感としてはホールセールのパンっぷりを如何なく発揮し、

クラストはほんのり硬くソフトフランスのような硬さで、クラムはボソボソした食感。

全然モチモチしておらず食パンにもフランスパンにも劣る食感で、安っぽいソフトフランスの生地のそれとほぼ同じ。

味としても酸味ばかりが主張し、他の味は薄くて一辺倒。

粉の味もかき消されて、安い風味をルヴァンの酸味で誤魔化しているといった印象。

それでもこの酸味は独特で、チーズ等との相性の良さを思わせ、

料理に会わせる等には良さそうなパン。

味はまあまあ本格的。

けれど食感は相変わらず。

しかしホールセールのパンで低価格。そう考えるとなかなかよく出来ていると思う。

これを食べ、スクラッチベーカリーのルヴァン種のパンを食べると「こんなに違う!」とスクラッチベーカリーのパンの良さを再確認するに適したパンでは?

それぐらいのパンだった。

あと表示のカロリーとしては一包当り374。

だが計るとこの一包の総重量は198g。

とすると100g当りのカロリーは約189となり、さすがに低すぎる。

確実に間違っており、もう少し正確なカロリーを表示するか、100g当りのカロリーを載せてほしいものである。

 

 

次はレーズンとくるみのリュスティック。

f:id:murabito07:20120107192334j:plain

レーズンとくるみ入りで豪華な井手達。
 

f:id:murabito07:20120107192823j:plain

一包当りの重量は123g。
 
 

f:id:murabito07:20120107192925j:plain

内装。
こちらはプリエーゼと打って変わって気泡は実に密。
広がりを見せずに凝縮しており、食パンよりも密度高めに見えるほど。
持った感触においてもすぐ分かり、クラスト、クラムともに硬め。
 
食べてみると、生地は重量感ある歯応え。
クラストとクラムはほぼ同等の硬さであって、
ソフトフランスよりも硬いといった印象。
意外と多めにレーズンと胡桃が入っており、それらの味が隙間なく入り込む。
レーズンは甘く、胡桃の油脂感も酸化さはなくて普通に美味しい。
生地は多少ボソボソするもののレーズンと胡桃がそれをカバー。
よってそのままでも美味しく、辺鄙なパン屋ほどのクオリティはある。
これに関しては、想像以上に美味しく、そしてよく出来ていた。
手軽に買えて、なかなかのボリューム。
生地は硬めで歯応えあり。よって咀嚼する必要性があり、満腹中枢を刺激しダイエットにも向いている。ヘルシーなランチの炭水化物源としても、おすすめできる。
レーズン胡桃という鉄板の組み合わせに、その量もまあまあ多い。
これにチーズを加えればさらに美味くなるのは間違いなく、意外と良い袋パンだった。
これはホールセールのリーンなパンの中ではおすすめ!

 


あと双方にも、原材料の末端には

f:id:murabito07:20120107192526j:plain

f:id:murabito07:20120107192418j:plain

酵素”があり、少々気になった。